「日本一目指す」 健大ナイン 上毛新聞社訪問で意気込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
センバツの活躍を誓い、内山社長(左)と肘を合わせる「ひじタッチ」をする小沢主将と野球部員=上毛新聞社

 第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)に出場する健大高崎の主力選手7人が26日、前橋市の上毛新聞社を訪れ、内山充社長に大会への意気込みを語った。

 加藤陽彦校長、生方啓介部長、青柳博文監督も来社した。選抜出場は2年連続5度目。内山社長は「2年連続で秋の関東大会を制覇し、まれに見る強さだと思う。甲子園で大暴れして」と激励。昨秋の県予選、関東大会を通じて3本塁打、17打点を挙げた主砲の小沢周平主将は「県代表として、日本一を目指したい」と答えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事