健大高崎 強打で勝機 センバツ 8強懸け きょう奈良・天理戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
25日の天理戦に向けて調整する健大高崎ナイン=兵庫県西宮市(健大高崎硬式野球部提供)

 第93回選抜高校野球大会で2回戦に進出した群馬県の健大高崎は25日、大会第6日の第3試合(午後2時20分開始予定)で、近畿大会ベスト8の天理(奈良)と対戦する。健大ナインは試合を控えた24日、兵庫県西宮市のグラウンドで軽めの練習に取り組み、8強入りに向けて最終調整した。

 健大高崎は19日に初戦を突破して以降、対戦相手に決まった天理の大型右腕、達孝太を想定した打撃練習を繰り返してきた。打席の12~14メートル離れた場所からボールを投げて、打ち返す「近距離打撃」の練習に重点を置き、伸びのある速球に振り遅れない対策に取り組んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事