春季関東高校野球県予選 夏シード懸けきょう激突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高校野球の第73回春季関東地区大会群馬県予選は21日、上毛新聞敷島など4球場で3回戦8試合が行われる。勝ち上がれば、今夏の県大会のシード権が得られるだけに、各校にとっては重要な一戦となる。

 シード校は6校が残った。選抜甲子園大会に出場した健大高崎は、ここまでの2試合で長打8本と打線が強力な安中総合と対戦、第2シードの前橋商には接戦を制してきた高崎商が挑む。下級生中心で投打のバランスが良い桐生第一と、2回戦で18安打を放った関学附との対決も注目だ。
(斎藤大希)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事