春季関東高校野球県予選 《準決勝》関学附3年ぶり5度目関東へ 太田に6-5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太田との接戦を制し、喜びを爆発させる関学附ナイン=高崎城南 
関学附―太田 4回裏太田無死、右越えソロを放ちガッツポーズで本塁へ向かう沢田=高崎城南

 高校野球特集はこちら

 ▽準決勝

関学附
 010102020―6
 000102110―5
太 田


 ○…関学附が競り勝った。同点で迎えた八回、小泉の右越え二塁打や藤生の適時三塁打、石原の中越え適時打で2点を追加した。六回は新井の適時打などで2点を奪い、リードを広げた。

 太田は1点を追う七回、糸井の犠飛で同点とし、八回は寺島の適時二塁打で1点差に迫るも及ばなかった。

◎攻守に粘り強さ
 関学附は四回にソロ本塁打を浴び、七回は一時同点に追い付かれもしたが、最後まで気持ちが切れることはなかった。昨秋の県大会は初戦敗退。「公式戦で一つでも多くの勝利を」と目標を掲げたナインには途切れぬ集中力とたくましさがあった。

 同点で迎えた八回、先頭打者は申告敬遠を除きこれまでの全打席で安打を放ってきた小泉優樹。「ヒットかフォアボールで必ず出る」とフルカウントまでじっくり球を見極めると、直球を右越えに運び好機をつくった。1死から8番、藤生海斗が中越え適時三塁打を放ち、続く9番はここまで力投を続けてきた石原勇斗。七回で降板し、篠原正紀と交代することを告げられていた石原は「篠原を楽にさせてあげたい」という一心でバットを振り抜き、勝利を決める6点目を奪った。

 守備でも粘り強さを見せた。1点差で迎えた最終回、右翼線への大きな当たりを根岸拳心が飛び込んで捕球し、反撃の目を摘んだ。八回からマウンドに登る篠原は「あのプレーに助けられた」と感謝した。

 攻守一丸となって接戦を競り勝った関学附、積み重ねた勝利の先に春の頂点が見えてきた。
(丸山朱理)

◎太田食らい付く 3番沢田主将が仲間勇気づける
 太田は持ち前の攻撃力を発揮し、最後まで関学附に食らい付いた。一時は3点差に離されるも七回に同点とし、2点を勝ち越された八回には1点差に迫った。

 三回まで1安打に抑えられた打線を奮い立たせたのは、3番沢田大和主将だった。先頭打者として打席に入った四回、初球の内角低めの直球を仕留め、1点を返す右越えのソロ本塁打に。2点を追う八回には左前打で出塁すると、二盗を決めて好機を拡大した。6番寺島優の二塁打で生還し、仲間を勇気づけた。

 チームは今大会、3回戦で前橋育英、準々決勝で高崎商と強豪を次々と破る快進撃を見せた。シード権を獲得した今夏は「追われる立場」となるが、沢田は「どこが相手でも勝てると実感できた。夏も攻める気持ちを忘れずに戦いたい」と悔しさをにじませつつ、前を見据えた。
(斎藤大希)

 テーブルスコアはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事