夏の高校野球群馬大会 7月10日に開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高校野球の第103回全国選手権群馬大会の運営委員会が26日、群馬県前橋市内で開かれ、出場校や大会の日程などが決まった。開幕は7月10日で、66校61チームが参加する。決勝は27日午前10時から上毛新聞敷島球場で行われる予定。組み合わせ抽選は6月18日、前橋市のベイシア文化ホールで開かれる。

 連合チームは(1)前橋西・尾瀬・嬬恋(2)四ツ葉中等・榛名・下仁田・板倉でそれぞれ結成される見通し。万場と長野原の2校は部員不足のため不参加となった。

 試合会場は上毛新聞敷島、高崎城南、小倉クラッチ(桐生球場)、グレースイン前橋市民の県内4球場。県高野連によると、開会式の有無や、観客の入場については新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ後日決定する。(丸山朱理)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事