夏の高校野球県大会 きょう抽選会 10日から熱戦、61チームが対戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
じょうもばいるのQRコード

 夏の甲子園出場を懸けた第103回全国高校野球選手権群馬大会(7月10~27日、上毛新聞敷島、高崎城南、小倉クラッチ=桐生球場、グレースイン前橋市民の4球場)の組み合わせ抽選会が18日、前橋市のベイシア文化ホールで開かれ、参加66校61チームの対戦相手が決まる。

 春季関東地区大会県予選を制した関学附と準優勝の農大二、4強の太田、館林、8強の健大高崎、市太田、高崎商、前橋東の計8校がシード。万場と長野原が不参加となる一方、7校が連合2チームを編成し、(1)前橋西・尾瀬・嬬恋(2)四ツ葉中等・榛名・下仁田・板倉―として出場する。(丸山朱理)

◎「じょうもばいる」で速報

 上毛新聞社は有料携帯サイト「じょうもばいる」で組み合わせを会場から順次速報します。QRコードを読み取り、会員登録(月額税込み330円)すると閲覧できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事