《2回戦》育英零封 投打で圧倒 館林商工に10-0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
館林商工―前橋育英 6回裏育英1死満塁、代打安藤が適時打を放ち、コールド勝ちを決め、右手を突き上げて一塁へ向かう=上毛新聞敷島
一人一人の選手に合わせた楽曲を選び、演奏する館林商工の吹奏楽部員

 高校野球特集はこちら

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)

館林商工
000000─0
414001x─10
前橋育英

(六回コールド)

 ○…前橋育英が投打で圧倒した。初回、横倉の三塁打と佐藤の適時打、皆川の本塁打で4点を先取。三回も4点を加え、六回に 安藤の適時打で試合を決めた。投げては外丸と田村が零封リレー。
 館林商工は五回、加藤の左前打を足掛かりに2死一、二塁としたが、本塁が遠かった。

一本出ず悔しい 館林商工・別府唯希主将の話
 一本が出せず悔しい。良い仲間を持ったのでこれで最後と思うと悲しい。今までありがとう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事