全国高校野球群馬大会《準々決勝》前橋育英がサヨナラ 関学附に4-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関学附ー前橋育英 9回裏育英1死満塁、佐藤の中犠飛で阿部(手前)が本塁を突きサヨナラ、大喜びでベンチを飛び出すナイン=上毛新聞敷島
農大二―健大高崎 8回裏健大1死一、二塁、綱川が7回の本塁打につづき5点目となる左前打を放つ=上毛新聞敷島
 

 高校野球の第103回全国選手権群馬大会は22日、前橋市の上毛新聞敷島球場で準々決勝2試合を行い、前橋育英、健大高崎が準決勝進出を決めた。ノーシードの前橋育英は第1シードの関学附に4-3でサヨナラ勝ちし、健大高崎は春季大会で完封負けを喫した農大二に6-0で勝利した。
 チケットは同球場の上限枚数である2900枚が売り切れとなった。準々決勝から学校関係者の上限が各400人から各900人まで拡大しており、スタンドでは多くの人々が熱戦を見守った。
 23日は同球場で準々決勝の残り2試合を行う。

 高校野球特集はこちら

▽準々決勝(上毛新聞敷島)

関学附010000200─3
前橋育英101010001x─4


 ○…前橋育英がサヨナラ勝ち。九回、井上の二塁打と申告敬遠などで1死満塁とし、佐藤の中犠飛で試合を決めた。初回は岡田のソロで先制し、三、五回は佐藤の適時打で加点した。

 関学附は七回、吉田、小泉が連打で出塁し、福岡の2点二塁打で追いついたが、後続が倒れた。

◎一丸で戦えた

 関学附・新井蓮主将の話 チーム一丸で戦えたが、まだ仲間と野球をしたかった。後輩には前橋育英を倒してほしい。


健大高崎が終盤一気 農大二に6-0

▽準々決勝(上毛新聞敷島)
農大二000000000─0
健大高崎00010014×─6


 ○…健大高崎が投打に圧倒した。先発今仲は速球を軸に変化球を織り交ぜ、10奪三振の完封。打線は七回に綱川の左越えソロで加点、八回には森川の2ランなどで4点奪い、突き放した。

 農大二は六回、四球や斎藤の二塁打で2死二、三塁の好機を迎えたが、本塁が遠かった。

◎支えられた1年

 農大二・福島隼斗主将の話 1点勝負になると思ったが、最後は点差が開いてしまった。周囲に支えられた1年だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事