健大高崎が初戦突破 文星芸大付に8-2 秋季関東高校野球が開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健大高崎―文星芸大付(栃木) 2回表健大2死二塁、秋葉の適時打で半田がかえり3点目=茨城・J:COMスタジアム土浦

 【茨城=大橋周平、山崎遼】来春の選抜高校野球大会の選考資料となる第74回秋季関東地区大会は30日、茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦などで開幕、1回戦3試合を行い、3年連続の優勝を目指す本県2位の健大高崎が8-2で文星芸大付(栃木2位)を下した。次戦は2日、準々決勝で明秀学園日立(茨城1位)に挑む。

 31日は、水戸市のノーブルホームスタジアム水戸で本県1位の桐生第一が土浦日大(茨城3位)と対戦する。

 ▽1回戦

健大高崎
031301000―8
011000000―2
文星芸大付(栃木2位)


 ○…健大高崎が投打で圧倒した。二回、加藤の右犠飛と半田、秋葉の適時打で3点を先取。四回は1死満塁から山田琉の内野安打、星川の右犠飛などで3点を追加し、リードを広げた。

 先発した加藤は9回を投げて2失点、1四球と崩れなかった。守備も無失策でもり立てた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事