62チーム 挑戦 来月14日から春の高校野球 タイブレーク初導入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高校野球の第70回春季関東地区大会群馬県予選の組み合わせ抽選会が16日、前橋市石関町の前橋工で開かれ、65校62チーム(尾瀬・下仁田・松井田と榛名・富岡実は連合)の対戦相手が決まった。昨秋王者の健大高崎は前橋商と同じゾーンとなった。4強の藤岡中央は前橋育英など強豪校が集まる激戦区。25年ぶりに秋季関東大会を経験した関学附にも注目が集まる。

 大会は4月14日に開幕し、5月4日の決勝まで高崎城南球場を中心に8会場でトーナメントを展開する。優勝、準優勝の2校は関東大会(5月19~23日、千葉)に出場し、8強が夏のシード権を得る。県予選では初めてとなるタイブレーク制が導入される。

 ※詳しい組み合わせ表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事