《1回戦》桐生 七回勝ち越し 館林に8-6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
館林―桐生 7回裏2死満塁、代打太田が決勝点となる2点適時打を放つ=高崎城南

 ▽1回戦
館 林
 013 020 000 ― 6
 300 021 20× ― 8
桐 生


 桐生が点の取り合いを制した。3点を追う五回に田上、楠本の連続本塁打で1点差に迫ると、六回2死二塁に高橋の適時打で同点。七回2死満塁で代打太田の2点適時打で勝ち越した。

 館林は田村の3打席連続二塁打など六回までに10安打を放つも、終盤は無安打に終わった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事