精鋭8強激突 春季関東高校野球県予選 きょうから準々決勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
(左から)2打席連続本塁打で勢いに乗る市太田の山村主将、3回戦で3安打を放った桐生第一の山口、8校中トップのチーム打率を誇る前橋商の吉田主将

 高校野球の第70回春季関東地区大会群馬県予選は28、29の両日、高崎城南球場で準々決勝4試合を行う。

 顔触れは昨秋王者の健大高崎や関学附、桐生第一などシード7校と、ノーシードから快進撃を見せている市太田。

 上位2校に与えられる関東大会(5月19日開幕、千葉)の出場権まであと2勝、さらに県の頂点を目指し、8強が激突する。

 ※準々決勝からは入場が有料。大人600円、中高生100円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事