春季関東高校野球県予選 健大高崎が底力 前橋育英は雪辱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)健大高崎―前橋商 1回表健大1死三塁、大越が山下をかえす先制の中越え二塁打を放つ、藤岡中央―前橋育英 1回裏育英1死満塁、梅沢が先制の左前打を放つ=高崎城南
 

 高校野球の第70回春季関東地区大会群馬県予選第8日は28日、高崎城南球場で準々決勝の2試合を行った。

 健大高崎は激戦の末に前橋商を13―10で制した。前橋育英は藤岡中央を8―5で下して昨秋の雪辱を果たした。

 大会第9日は29日、同球場で準々決勝の残り2試合を行う。

◎理事長に城田氏を選出…群馬県高野連

 群馬県高野連は28日、高崎市内で開いた臨時評議員会で、新理事長に副理事長の 城田雅人氏(53)=前橋工高教=を選出した。前理事長の樽見尚人氏が 今春で高校教諭職の定年退職を迎えたため。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事