《準々決勝》市太田 自慢の攻撃力 桐生第一に9-2

 ▽準々決勝
市太田
 101 141 1―9
 000 110 0―2
桐生第一
(七回コールド)


 ○…市太田が二回を除く毎回得点で快勝した。初回、菊地の左前打で先制。五回には菊地、生方の長短の適時打と名田の犠飛で4点を加え、突き放した。先発名田と菊地の継投で2点に抑えた。

 桐生第一は中盤、大沢のソロ本塁打や立石の中前適時打で2点を奪ったが、後続を断たれた。

関連記事
スポーツ > 高校野球の記事