春季関東高校野球県予選 関学附が圧倒 市太田 快進撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)市太田―桐生第一 7回表市太田2死一塁 中山裕が山村をかえす右中間二塁打を放ち9点目=高崎城南、関学附―富岡 4回表関学附2死満塁、長島が岡本、中里をかえす左前打を放つ=高崎城南
 

 高校野球の第70回春季関東地区大会群馬県予選第9日は29日、高崎城南球場で準々決勝の残り2試合を行い、市太田が桐生第一を9―2で下し、準優勝した2007年春(当時太田商)以来となる4強に進出。関学附は富岡を11―4で制した。ともに七回コールドだった。

 大会第10日は5月3日、同球場で関東大会出場校が決まる準決勝2試合を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事