《準々決勝》健大圧倒 前橋工に14-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健大高崎-前橋工 3回表健大無死一、三塁、高山が古屋、山下をかえす右中間二塁打を放つ=桐生


▽準々決勝
健大高崎
 113 041 4―14
 110 010 0―3
前橋工
(七回コールド)


 ○…健大高崎が17安打の猛攻で圧倒した。同点の三回、今井、古屋の連打で無死一、二塁とし、山下と高山の連続適時打で3点勝ち越し。五回、七回にも4点ずつ奪い、大量リードをつくった。

 前橋工は初回に岡田、二回に岩崎の適時打で二度追いついたが、失点を食い止められなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事