《1回戦》健大高崎 16安打9盗塁 館林商工に17―0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健大高崎―館林商工 5回表健大1死三塁、山下が奥田をかえす中犠飛を放ち17点目=上毛新聞敷島

 ▽1回戦(上毛新聞敷島)

健大高崎
 511 73―17
 000 00―0
館林商工
(五回コールド)


 ○…健大高崎は16安打17得点で五回コールド勝ち。一、四回は打者一巡で計12点を奪った。大越と高山は大会2、3号となるソロ本塁打を放ち、吉田、柳沢、久保田、清水の継投で零封した。

 館林商工は吉田元、松沢空、荒川の計4安打に抑え込まれ、1点が遠かった。


「明るいチーム」館林商工・松沢空大主将の話
 最後まで誰もあきらめていなかった。いつも明るいチームだった。

《夏 きらり》五回2死から意地の二塁打…館林商工・吉田元

 後ろにつなぐ意識で打席に入った。最後の打者になりたくなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事