《1回戦》藤岡中央 リード譲らず 桐生南に2―1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤岡中央―桐生南 3回表藤中2死二、三塁、門馬の中越え二塁打で生還しベンチ前でナインとタッチして喜ぶ杉本(右)=桐生

 ▽1回戦(桐生)

藤岡中央
 002 000 000―2
 000 000 100―1
桐生南


 ○…藤岡中央が序盤のリードを生かして接戦を制した。三回、高橋誠と杉本の連打で2死二、三塁とし、門馬の二塁打で2点を先制。投げては先発門馬が4安打1失点で完投した。

 桐生南は七回、星野稜の内野安打を足場に野村の適時打で1点を返すも、及ばなかった。


「好機凡退悔しい」桐生南・星野稜太主将の話
 八回の好機で凡退し申し訳ない。今は悔しいが、この仲間と3年間野球ができて良かった。

《夏 きらり》七回に適時打を放つ…桐生南・野村直矢

 いつも通り打ってこいと送り出してもらい、初球から積極的に振れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事