《1回戦》常磐 突き放して完封 藤岡北に8―0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
常磐―藤岡北 8回表常磐2死二塁、山田の中前打で篠崎がかえり8点目=上毛新聞敷島

 ▽1回戦(上毛新聞敷島)

常 磐
 20010005―8
 00000000―0
藤岡北
(八回コールド)


 ○…常磐が終盤の攻勢で八回コールド勝ち。八回は打者9人の猛攻で、仙田のスクイズと篠崎の3点二塁打、山田の適時打で5点を奪った。投げては先発宝示戸が12奪三振で8回を零封した。

 藤岡北は3点を追う四回、中前打の鈴木理が二盗、1死二塁とした好機を逃したのが痛かった。


「試合始まり緊張」藤岡北・樋川塁威主将の話
 ベンチ裏ではみんな笑顔でいられたが、試合が始まると緊張してしまった。追いつき逆転したかった。

《夏 きらり》チームを支える堅守…藤岡北・堀越尚也

 外野陣で互いにしっかりと声を掛け合うことで、練習で確認した通りのプレーができた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事