《2回戦》高崎東 鮮やかに逆転 利根商に5―2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
利根商―高崎東 6回裏高東1死二、三塁、天沼の犠飛で高橋大がかえり同点=上毛新聞敷島
敗戦を喫し、相手校の校歌が流れるグラウンドに立つ利根商の豊田監督

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)

利根商
 100 001 000―2
 000 013 10×―5
高崎東


 ○…高崎東が中盤の集中打で得点を重ね勝利した。六回は天沼の犠飛で同点とし、佐藤佑、和仁の連続適時打で勝ち越した。先発下村は走者を出すも粘り強く投げ、2試合連続の完投。

 利根商は初回に角田の中前打で先制。六回は代打狩野の犠飛で勝ち越すが終盤は本塁が遠かった。


「やり切った」利根商・塩野竜也主将の話
 負けたが、やり切った。自分は最初で最後の夏の打席で打てた。頑張ってきてよかった。

《夏 きらり》七回に適時打…高崎東・平柳佑多

 自分でかえすのでなく、つなぐ気持ちで打席に入った。当たりは良くなかったが、うれしい。

《夏 きらり》2安打1打点と奮起…利根商・角田一真

 この3年生16人で、そして豊田先生と一緒に野球ができてうれしかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事