《高校野球群馬大会》シード校が順当に3回戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
100回つなぐ始球式リレーを行った前橋ガールズの林さん(左)と石橋さん=上毛新聞敷島

 第100回全国高校野球選手権記念群馬大会は15日、上毛新聞敷島と高崎城南の2球場で2回戦6試合を行った。伊勢崎工は3―2で嬬恋を下し、農大二は七回コールドで太田工を退けた。市太田、富岡、前橋育英、前橋商のシード4校は順当に3回戦へ駒を進めた。16日は両球場で2回戦の残り4試合を行う。

  

《15日の結果》

  ▽2回戦【上毛新聞敷島】
  市太田 10-0 伊勢崎商
  富 岡 5-1 桐生西
 伊勢崎工 3-2 嬬 恋
  【高崎城南】
 前橋育英 4-2 沼 田
  前橋商 13-3 高経附
  農大二 12-3 太田工

  
《16日の試合》

  ▽2回戦【上毛新聞敷島】
 (1)高崎商大附 - 高崎商
 (2) 前橋工  - 常 磐
  【高崎城南】
 (1)新田暁 - 高崎北
 (2)館 林 - 樹 徳

 ※試合開始予定時刻は(1)9時(2)11時半(3)14時

 ※詳しい勝ち上がり表はこちら

◎100回記念の始球式リレー…前橋ガールズバッテリー

 今夏で100回を迎えた全国高校野球選手権大会を記念する「100回つなぐ始球式リレー」が15日、上毛新聞敷島球場の第1試合、伊勢崎商―市太田戦前に行われた。県女子学童軟式大会で優勝した前橋ガールズから、林愛寿投手と石橋愛佳捕手(ともに前橋石井小6年)のバッテリーが大役を務めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事