《2回戦》前橋工 15安打で快勝 常磐に9―2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋工―常磐 6回表前工2死三塁 岩崎が岡田をかえす左越え二塁打を放つ=上毛新聞敷島

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)

前橋工
 001 021 104―9
 000 000 101―2
常 磐


 ○…前橋工が15安打9得点で快勝した。三回に高田、安原の連打で好機をつくり先制。その後も岩崎の三塁打などで着実に得点した。先発岡田は12三振を奪い、被安打7、2失点で完投した。

 常磐は8点差で迎えた九回、坂田の内野安打で1点を返すも後続を断たれた。


「転がせなかった」常磐・篠崎乙樹主将の話
 打撃で前に転がすことができなかった。自分についてきてくれて、ありがとうと言いたい。

《夏 きらり》九回に4連打の口火を切る右前打…前橋工・中村東生

 左投手だったので逆方向を意識し、外寄り真っすぐを振り抜いた。

《夏 きらり》九回に意地の適時打…常磐・坂田彪悟

 気持ちで打った。先輩ともっと野球をしたかった。この悔しさは来年晴らす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事