8強懸け熱戦 夏の高校野球 きょうから3回戦スタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 第100回全国高校野球選手権記念群馬大会は18、19の両日、上毛新聞敷島、高崎城南の両球場でベスト8を懸けた3回戦8試合を行う。春季関東大会を制した健大高崎に加え、市太田、富岡、関学附、藤岡中央、前橋育英、前橋商のシード7校は順当に勝ち上がった。ノーシード校も爆発的な攻撃力や堅守を誇る強豪が残り、どのカードからも目が離せない。

 【メモ】1、2回戦では20試合がコールドゲームで勝敗が決まった。延長戦は嬬恋―渋川(延長十一回)と伊勢崎工―嬬恋(同十回)の2試合あった。22日に4強が出そろい、決勝は25日の予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事