《3回戦》健大高崎 投打で本領発揮 高崎東に10-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎東―健大高崎 6回裏健大無死、大越が3試合連続となる今大会4本目の本塁打を放つ=上毛新聞敷島

 ▽3回戦(上毛新聞敷島)

高崎東
 000 002 0―2
 303 211 ×―10
健大高崎
(七回コールド)


 ○…健大高崎が着実に得点を重ね、七回コールド勝ちした。初回、山下の先頭打者本塁打などで3点を先制。六回は大越のソロで突き放した。先発久保田、柳沢、清水、藤原の継投で2失点。

 高崎東は9点を追う六回、四球と佐藤佑の本塁打で2点を返したが、反撃はそこまで。

「一丸で戦えた」高崎東・和仁かずに嵩紀主将の話
  チーム一丸で戦えた。悔しさはあるが、16強まで来ることができた。みんなに感謝したい。

《夏 きらり》五回裏に代走で好走塁…健大高崎・春原広陽
 自分に求められているのは本塁に帰ること。積極的に走ることで、役割を果たした。

《夏 きらり》七回に意地の左前打…高崎東・松本海英
 コールド負けしないように、絶対後ろにつなごうと打席に立った。全力を出せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事