《3回戦》前工 15安打猛攻 富岡に10―3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋工―富岡 2回表前工2死二、三塁、木暮が高橋をかえす先制の投手強襲安打を放つ=上毛新聞敷島

 ▽3回戦(上毛新聞敷島)

前橋工
 021 302 2―10
 000 000 3―3
富 岡
(七回コールド)


 ○…前橋工が終盤まで得点を重ねて押し切った。六回に高橋の三塁打、七回は高田、安原、斉藤の3連打でそれぞれ2点を奪い、駄目押しした。先発木暮は6回零封と好投。

 富岡は10点差の七回、神岡の2点本塁打を含む3安打を集めて3点を返したが、力尽きた。

「諦めず戦えた」富岡・新井聖主将の話
 秋春のベスト8で自信をもってやってきた。点差がついても最後まで諦めずに戦えた。

《夏 きらり》2安打2打点…前橋工・斉藤陸都
 初回の好機を逃して悔しい。追加点は、走者の足を信じて単打を狙ったのが良かった。

《夏 きらり》2安打…富岡・狩野公佑
 2回戦までヒットがなく、きょうこそ打とうと思っていた。この仲間で野球ができて良かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事