《3回戦》前商 13得点圧勝 館林に13―0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋商―館林 6回表前商1死一、二塁、吉田蓮の右前打で吉田晃がかえり9点目=高崎城南
守備交代でベンチに引きあげるチームメートをねぎらう白川(中)

 ▽3回戦(高崎城南)

前橋商
 140 116─13
 000 000─0
館 林
(六回コールド)


 ○…前橋商が小刻みに得点し圧勝した。初回、中島の安打を足場に戸塚の左犠飛で先制すると、二回は真藤の2ランなどで4点を追加。六回に打者一巡の猛攻で6点を奪い突き放した。

 館林は2安打と打線が沈黙。三回に中前打で出塁した中村を三塁まで進めたが本塁が遠かった。

「本当に悔しい」館林・小川蓮主将の話
 今までやってきたことを試合で出せなかった。攻めきれなかったことが本当に悔しい。

《夏 きらり》先発し5回を2安打無失点…前橋商・井上温大
 決め球のスライダーで三振を取れた。いつも通りテンポ良く投げられた。

《夏 きらり》中前打で好機をつくる…館林・中村凌也
 絶対次につなごうと思った。このチームでもっと長く野球をしたかった。

《支え人》仲間に声掛け役割を果たす…三塁コーチ館林の白川
 ○…「まだいける」。館林の白川裕基は守備を終えてベンチ に戻ってくる仲間に、手をたたきながら力強く声を掛けた。最後の夏に もらった背番号は「5」。だが、三塁を守ることはなかった。

 昨秋は先発で三塁手を務めたが、2年生家冨晃遥との競争に敗れた。「悔しいが自分よりも全てで上回っている」。後輩の実力を認め、三塁コーチに自分の役割を見いだした。考えた「投手を欺くしぐさ」で、強豪樹徳の撃破にも貢献した。

 「気持ちを強く表に出すタイプではない」と細堀和弘監督。だが「役割を自覚し、自分の弱い部分を克服しようと必死になっていた」。背番号5は真面目に野球と向き合ってきた、そんな白川へのプレゼントだった。

【前橋商】 打安点振球
(5) 都 丸 51110 沼田西
(4) 中 島 53000 伊勢崎宮郷
(6) 吉田晃 21112 伊勢崎三
(2) 岩 崎 21102 伊勢崎赤堀
2 温 井 00000 高崎群馬中央
(7) 戸 塚 20111 高崎大類 
1 松 村 00000 前橋宮城
(3) 吉田蓮 41120 みどり笠懸
(8) 神 道 43010 渋川子持
(9) 真 藤 33401 渋川子持
R7鈴 木 00000 前橋五
(1) 井 上 10000 前橋大胡
H 蛯 谷 11200 みなかみ藤原
R9新 井 00000 太田生品
犠盗失併残
32007  29141166


【館林】 打安点振球
(6) 青 木 30000 館林四
(5) 家 冨 20000 館林一
H 有 賀 10000 館林一
(8) 田 村 30020 館林四
(9) 白 沢 20000 館林三
(7) 篠 原 10011 館林三
(3) 小 川 11001 邑楽
(2) 田 代 20010 館林四
(1) 山 崎 00000 邑楽
1 中 村 21010 館林多々良
(4) 相 田 10000 太田強戸
犠盗失併残
10203  182052


▽本塁打 真藤
▽三塁打 吉田晃 中島
▽審判 江積利 阿部忠 田原 坂本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事