《準々決勝》関学附 27年ぶり夏4強 藤岡中央に5-0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤岡中央―関学附 3回裏関学無死一、二塁、岡本が左越え3点本塁打を放つ=上毛新聞敷島
(左から)準々決勝で姿を消した藤岡中央の門馬、8回無失点と好投した関学附の先発高橋
藤岡中央―関学附 6回裏関学2死二、三塁、高橋の右前打で柴田に続き本塁を狙った貝原を捕手鈴木がタッチアウトにする=上毛新聞敷島

 ▽準々決勝(上毛新聞敷島)

藤岡中央
 000 000 000―0
 003 101 00×―5
関学附


 ○…関学附が大会屈指の好投手・門馬を攻略した。三回に河田の中前打などから岡本の3ランで先制。四、六回は高橋の適時打で1点ずつ加えた。投げては先発高橋が8回零封で反撃を封じた。

 藤岡中央は二回、永尾と田口の連打などで2死二、三塁とした先制機に一本が出なかった。


「本当に悔しい」藤岡中央・下田匡希主将の話

 点を取りきれずに負けたことが本当に悔しい。このチームで甲子園に行きたかったと、今強く思う。

《夏 きらり》三回に先制につながる右前打…関学附・河田悠仁

 スライダーを振り抜いた。前日から対策をしてきたので、良い形で打てた。

《夏 きらり》二回に安打で好機をつくる…藤岡中央・永尾大河

 夏に1500スイングした成果。1打席目で何が何でも出塁する気持ちで打った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事