《準々決勝》育英 接戦制す 前橋商3―1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋商―前橋育英 6回裏育英無死満塁、丸山が橋本をかえす勝ち越し打を放つ=上毛新聞敷島
前橋商―前橋育英 2回表前商1死一、三塁、岩崎が吉田蓮をかえす先制の右犠飛を放つ
前橋商―前橋育英 粘り強い投球で7回を3失点に抑えた前商の星野

 ▽準々決勝(上毛新聞敷島)

前橋商
 010 000 000―1
 000 101 10×―3
前橋育英


 ○…前橋育英が接戦を制した。1点を追う四回、小池の適時二塁打で同点。六回に丸山の適時打で勝ち越した。七回には梅沢の右犠飛で3点目。先発恩田は7奪三振、1失点で完投した。

 前橋商は二回、吉田蓮、神道の連打と岩崎の右犠飛で先制したが、その後は得点できなかった。

「勝てず悔しい」前橋商・吉田晃誠主将の話
 勝てなかったのは悔しいが、この仲間たちと甲子園を目指す選択は間違っていなかった。

《夏 きらり》四回に同点の適時二塁打…前橋育英・小池悠平
 4番として必ず打つと打席に立った。甲子園を経験した自分がチームを引っ張る。

《夏 きらり》二回にバスターを成功させる…前橋商・神道新太
 バスターもあると思って打席に入った。落ち着いて決めることができた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事