《高校野球群馬大会》決勝は健大-育英 3年連続 宿敵対決に

 第100回全国高校野球選手権記念群馬大会は24日、上毛新聞敷島球場で準決勝2試合を行い、第1シードの健大高崎が高崎商を接戦で退け、夏3連覇を狙う前橋育英は関学附を下した。決勝は3年連続で同一のカードとなった。決勝は25日午前10時から同球場で行われる。

 健大は初戦から4試合連続でコールド勝ち。準決勝の高崎商戦は先制点を許した直後に逆転、終盤に勝ち越すなど、打撃力の高さに加えて勝負強さもみせた。育英は2回戦で沼田、準々決勝で前橋商に競り勝ち、準決勝は秋春の県大会で準優勝した関学附にコールド勝ちした。

《決勝の見どころ》健大高崎―前橋育英(25日午前10時、上毛新聞敷島球場)

 春関東王者と2年連続夏県王者が激突する好カードとなった。両校が夏の決勝で争うのは3年連続。健大高崎が3年ぶりの頂点に返り咲くか、前橋育英が「代表1県1校」になってから3校目となる3連覇を果たすのか。

 ※詳しい勝ち上がり表はこちら

関連記事
スポーツ > 高校野球の記事