《決勝》育英 終盤に集中力 劇勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健大高崎―前橋育英 9回裏育英1死一塁、梅沢が左翼線に二塁打を放ち
本塁に頭から滑り込んでサヨナラ勝ちを決めた
1回表健大1死二、三塁、高山の内野ゴロで山下がかえり先制

 ▽決勝(上毛新聞敷島)

健大高崎
 300 002 000―5
 100 100 031x―6
前橋育英


 ○…前橋育英は同点で迎えた九回裏、先頭の橋本が中前打で出塁し、梅沢の左翼線二塁打で一気に生還し、試合を決めた。八回は代打石田の右翼線2点二塁打と笹沢の中前適時打で同点に追い付いた。先発恩田は5失点ながら完投した。

 健大高崎は1点先行の六回、高山の二塁打を足場に今井の2点適時打で3点差にするも、逆転された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事