野球部体罰校長が謝罪 桐生一高保護者会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬・桐生第一高野球部の部員に対する体罰で30代部長が解任された問題で、野球部の定例保護者会が25日開かれ、味戸克之校長らが保護者に謝罪した。

 出席者によると、会合には1、2年生の部員の保護者のほとんどが出席。冒頭で味戸校長と野球部監督、解任された前部長が謝罪した。その後は保護者会役員が、経緯などを報告したという。

 同校によると、30代コーチの暴言とも受け取れる発言について、同校は前後の指導状況から暴言には当たらないとしているが、現在は指導を自粛しており、今後処分を決める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事