《1回戦》樹徳 二回に爆発9点 伊勢崎商に11―1

 ▽1回戦(上毛新聞敷島)
伊勢崎商
 100 00―1
 290 0×―11
樹 徳
(五回コールド)


 ○…樹徳が二回に一挙9点を奪う猛攻を仕掛け大勝した。2死満塁の好機に、須田が走者一掃の二塁打。その後も大関の2点適時打で突き放した。投げては山路、本間、今福の継投で1失点。

 伊勢崎商は一回、大沢和の二塁打を足場に橋本の中前適時打で先制したが、大量失点が響いた。

関連記事
スポーツ > 高校野球の記事