《2回戦》前橋工 序盤に得点積む 桐生工に5―3

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)
前橋工
 203 000 000―5
 002 001 000―3
桐生工


 ○…前橋工が序盤に得点を重ねて逃げ切った。初回に川野の四球を足場に小暮の適時打などで2点を先制。三回は貫井、井野の適時打でリードを広げた。3番手の黒沢が3回5奪三振と試合を締めた。

 桐生工は三回に関口の適時打で2点を返し、その後も得点圏に走者を進めたが追い付けなかった。

関連記事
スポーツ > 高校野球の記事