《3回戦》桐生第一 中盤に均衡破る 勢多農に5-1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生第一―勢多農 6回表桐一1死満塁、久保田が走者一掃の中越え二塁打を放つ=高崎城南

 ▽3回戦(高崎城南)

桐生第一
 000 004 100―5
 000 000 010―1
勢多農


 ○…桐生第一が六回に均衡を破った。石原の安打や四球などで満塁とし、久保田の走者一掃の二塁打、福士の適時打で4点先取。先発本木は8回まで毎回の10奪三振と安定した投球を見せた。

 勢多農は八回に狩野の適時打で1点を返したが、なお続いた無死満塁を生かせなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事