前橋育英 守りきって初戦突破 作新に1-0 秋季関東高校野球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作新学院(栃木)-前橋育英 4回表作新無死一塁、石井の投ゴロで一走中島を二封、一塁へ送球し併殺とする育英の遊撃手中村=山梨・山日YBS球場
6回裏育英無死、決勝の右越え本塁打を放ちガッツポーズする剣持
開会式で整列する桐生第一の選手=山梨・山日YBS球場

 【山梨=関口和弘、吉野友淳】第71回秋季関東地区高校野球大会は20日、山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場で開幕し、1回戦2試合を行った。群馬1位の前橋育英は1―0で作新学院(栃木2位)との開幕戦を制した。準々決勝は22日午後2時から、同球場で山梨学院(山梨2位)と対戦する。群馬2位の桐生第一は21日午前9時から、同球場で習志野(千葉2位)との1回戦に臨む。

  ▽1回戦
 作新学院(栃木)
  000 000 000―0
  000 001 00×―1
 前橋育英


 ○…前橋育英が六回に挙げた1点を梶塚の好投と4併殺を完成させた野手の踏ん張りで守り切った。

 五回まで毎回走者を出すも得点を奪えなかったが、六回に剣持が右翼へソロ本塁打を放ち、均衡を破った。

 先発梶塚は七回に打球を体に受けるが、最後まで投げ抜いた。六、七、八回はいずれも得点圏に走者を置いたが、低めを丁寧に突いて打たせて取り、完封した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事