ペガサス公式戦日程発表 4月6日に武蔵と初戦 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグは6日、2019年シーズンの公式戦日程を発表、群馬ダイヤモンドペガサスのホーム戦は前後期18試合ずつの36試合となった。高崎城南球場を中心に、上毛新聞敷島球場、前橋市民球場、伊勢崎市野球場、桐生球場、太田市運動公園野球場の県内6会場で行われる。

 新加入の茨城を加えた11球団を東地区(群馬、福島、茨城、栃木、武蔵、新潟)=FUTURE-Eastと西地区(信濃、富山、石川、福井、滋賀)=ADVANCE-Westに分け、両地区とも年間70試合を行う。東地区は西地区5チームとの地区間対決1試合ずつと、公式戦扱いとなる日本野球機構(NPB)の巨人3軍との交流戦2試合を含む。

 リーグ戦前期は6月16日まで、後期は6月22日~9月8日。全日程終了後にプレーオフを実施。地区ごとに前後期優勝チームが戦う地区チャンピオンシップ(CS)が9月14~16日。両地区王者が対決するBCリーグCSは9月21、22日に西地区ホームで、28~30日に東地区ホームで開催する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事