ペガサス 7連勝で首位に BCリーグ 福島に快勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―福島 8回裏群馬1死一、三塁、2番青木(右)が逆転3ランを放って生還、ポロから祝福を受ける=グレースイン前橋市民

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは6日、グレースイン前橋市民球場で福島と対戦、5―3の逆転勝ちで7連勝し、新潟に追い付いて同率首位に並んだ。通算20勝8敗1分けで、前期残りは5試合(新潟は4試合)。次戦は7日、茨城・ノーブルホームスタジアム水戸で茨城と対戦する。

 ◆群馬-福島6回戦(6日・群馬5勝1敗、13時1分、前橋市民、97人)
福島ホープス
000200001―3
00010004×―5
群馬ダイヤモンドペガサス
▽勝 トーレス10試合7勝3敗
▽S 田代14試合2敗3S
▽敗 鈴木9試合3勝2敗
▽本塁打 アヤーザ3号(2)、奈良3号(1)(以上島)富田4号(1)、青木1号(3)(以上群)


 ○…群馬が八回、青木の1号3ランで逆転勝ち。1点を追うこの回、大堀、ポロの安打や送りバントで1死一、三塁の反撃機をつかみ、青木が2球目を右翼席へ運んだ。さらに速水の適時打で差を広げた。

 先発トーレスは2ランを許したが8回2失点。最終回も田代がソロを打たれながらも逃げ切った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事