《BCリーグ》ペガサス打線つながり13点 2連勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは3日、高崎城南球場で新潟と対戦し、13―3で勝ち、2連勝とした。6勝2敗1分け。次戦は5日、福島・ヨーク開成山スタジアムで福島と対戦する。

群馬-新潟1回戦(3日・群馬1勝、13時、高崎城南、268人)
新潟アルビレックスBC
000030000―3
21100405×―13
群馬ダイヤモンドペガサス
▽勝 青柳13試合11勝
▽敗 大竹13試合1勝1敗
▽本塁打 速水10号①(群)

 ○…群馬は初回、鹿沼の犠飛や 速水のソロで2点先取。追い上げられると六回、四球を挟み、鹿沼、速水、ジョニー、富田、大堀の 長短5安打で4点を追加、八回も打者一巡の 猛攻で突き放した。

 先発青柳は五回に3点を失ったが八回まで踏ん張り11勝目。最終九回は田代が締めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事