ペガサス接戦制す マスコミ3社マッチ 試合前に子ども達と交流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
接戦制し、首位栃木に勝利したペガサスの選手たち
群馬―栃木 1回裏群馬1死一、二塁、速水がポロをかえす先制の中前打を放つ=高崎城南
群馬―栃木戦の前に行われた、ふれあいキャッチボール=高崎城南

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサス―栃木ゴールデンブレーブス戦が2日、上毛新聞社と群馬テレビ、エフエム群馬共催の「群馬マスコミ3社マッチ2019」として、高崎市の城南球場で行われ、群馬が3―1で接戦を制し、スタンドのファンに勝利を届けた。

 選手と子どもたちが交流した「ふれあいキャッチボール」、子どもたちによる始球式、サイン入りバットなど球団グッズが当たる大抽選会も行われた。

◎好機逃さず 首位攻防戦制す
 高崎城南球場で2日行われた野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサス―栃木戦「群馬マスコミ3社マッチ2019」は、群馬が3―1で首位攻防戦を制した。後期12勝6敗2分けで東地区2位。首位栃木に0.5ゲーム差と詰め寄った。次戦は3日、太田市運動公園野球場で茨城と対戦する。

 群馬-栃木5回戦(2日・群馬2勝1敗2分け、13時2分、高崎城南、623人)

栃木ゴールデンブレーブス
000 001 000―1
100 001 01×―3
群馬ダイヤモンドペガサス


▽勝 南21試合3勝1S
▽S ラミレス6試合1勝1S
▽敗 斎藤14試合7勝5敗

◎BC後期勝敗表 ▽東地区(2日現在)
    試合 勝 敗 分 勝率 差
(1)栃木  20 12 5 3 .706 -
(2)群馬  20 12 6 2 .667 0.5
(3)新潟  18 10 7 1 .588 1.5
(4)武蔵  19 6 11 2 .353 4.0
(5)福島  17 4 11 2 .267 1.0
(6)茨城  17 3 13 1 .188 1.5

◎選手と楽しく交流
 上毛新聞社など県内マスコミ3社が共催した2日の野球のルートインBCリーグ群馬―栃木戦のスペシャルマッチでは、さまざまなイベントが行われ、試合を彩った。夏休み中の子どもたちも訪れ、選手との交流を楽しんだ。

■選手の送球や捕球に熱視線 ふれあいキャッチボール
 ペガサスの選手と交流する「ふれあいキャッチボール」では、子どもたち約20人が選手の送球や捕球の技術に目を見張った。将来は捕手志望という高崎金古小2年、相見優之介君は「ボールを素手で捕って見本を見せてくれた。すごい」と驚いた。

 同6年の内野手、林慎之助君はハイレベルな捕球を学ぼうと、試合も熱心に観戦。「中学で内野手を続けたいので、速い打球を余裕で取れる理由が知りたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事