BCリーグ・ペガサス 今季初のホームオープン戦で逆転勝ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―武蔵 7回裏群馬2死一、二塁、湯井の遊ゴロで守備が乱れる間に一走石井が一気に生還=高崎城南
8回裏群馬1死二、三塁、茨木が逆転2点打を放つ

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは27日、高崎市の城南球場で今季ホーム初のオープン戦に臨み、同じ東地区の武蔵を8―7で下した。滋賀から移籍した茨木智也の2点中前打で逆転勝利した。オープン戦は無観客で行われた。

 ▽オープン戦
武蔵ヒートベアーズ
002 100 310―7
000 030 32×―8
群馬ダイヤモンドペガサス


 ○…群馬は1点を追う八回、朝倉の二塁打と鹿沼の内野安打などで1死二、三塁とし、茨木の2点中前打で逆転した。

 五回は鹿沼、速水の適時打などで3点。七回も大堀の安打と盗塁、石井の適時打と好走塁で3点を挙げ、先行する武蔵に追い付いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事