BCリーグが開幕 ペガサス 敵地で福島に11-6で快勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
福島―群馬 七回表群馬、先頭で同点ソロを放ち、ベンチの仲間に駆け寄る中道(9)=福島・あいづ球場
福島―群馬 七回表群馬2死満塁、瀬口が勝ち越しの3点二塁打を放つ=福島・あいづ球場

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグが20日開幕し、2年ぶりのリーグ制覇を目指す群馬ダイヤモンドペガサスは福島県会津若松市のあいづ球場で福島と対戦、11-6(規定により八回時間切れ)で逆転勝ちした。五回に逆転を許したものの、七回に中道大波の同点本塁打と瀬口拓也の満塁の走者一掃の二塁打で再逆転した。新型コロナウイルスの影響で当初予定より2カ月以上遅れてシーズンインを迎え、試合は無観客で行われた。七回以降、2時間45分を超えて新しいイニングに入らない規定が適用された。21日は高崎城南球場に福島を迎え、ホーム開幕戦を無観客で行う。

 ◆福島-群馬1回戦(20日・群馬1勝、13時30分、あいづ)
群馬ダイヤモンドペガサス
 11011043-11
 10022010-6
福島ホープス
(八回規定により終了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事