ペガサスがホーム開幕戦 2-2で引き分けも地元でV決意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは21日、高崎市の城南球場で今季のホーム開幕戦に臨んだ=写真。福島と対戦し、2―2(規定により八回時間切れ)で引き分けた。試合は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客で行われた。

 昨季15勝でリーグ最多勝のエース、青柳正輝(伊勢崎清明高出身)が先発で登板。七回まで福島打線を7安打5奪三振で無失点に抑えた。牧野塁監督は「優勝して笑顔でシーズンを終えたい」と決意を語った。

◎ペガサス諦めず 投手戦に
 21日に高崎城南球場で行われた野球のルートインBCリーグ、群馬ダイヤモンドペガサスのホーム開幕戦は投手戦となった。福島が八回表に2点を挙げて逆転したが、群馬はその裏、湯井飛鳥ら下位打線の活躍で同点に追い付いた。2時間45分を超えて新しいイニングに入らない規定が適用され、八回までで試合終了、2-2で引き分けた。

 ◆群馬-福島2回戦(21日・群馬1勝1分け、13時2分、高崎城南)
福島ホープス
 000 000 02-2
 010 000 01-2
群馬ダイヤモンドペガサス
 (八回規定により引き分け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事