《BCリーグ》ペガサス 信濃と0-0 中嶋6回無失点も打線沈黙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
信濃―群馬 6回2安打無失点と好投した群馬の先発・中嶋=高崎城南

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは24日、高崎城南球場で信濃と対戦、0-0で引き分けた。先発の中嶋涼(桐生第一高出身)が6回2安打無失点と好投したが、味方の援護がなかった。次戦は26日、長野・中野市営野球場で信濃と対戦する。

群馬-信濃1回戦(24日・1分け、13時1分、高崎城南)

信濃グランセローズ
000 000 000―0
000 000 000―0
群馬ダイヤモンドペガサス
 (九回規定により引き分け)


 ○…群馬は4人の投手リレーで相手打線を封じた。先発の中嶋は六回まで2安打1四球で三塁を踏ませなかった。六回に二塁打を許すも、三振で後続を断った。継投の宮下、荻野は四死球を出しながらも得点を与えず、八回2死満塁で登板した田代は一ゴロで切り抜け、九回も3人で締めた。打線は八回に柴田、湯井が連打で好機をつくったが生かせなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事