《BCリーグ》ペガサス辛くも勝利 新潟に3-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新潟―群馬 好投した群馬の先発庄司=新潟・悠久山

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは29日、新潟・長岡市悠久山野球場で今季初めて新潟と対戦し、3-2(規定により八回時間切れ)で勝利した。先発の庄司海斗が今季初勝利を収めた。次戦は7月1日、長野・中野市営野球場で信濃と対戦する。

 新潟-群馬1回戦(29日・群馬1勝、13時、長岡市悠久山)

群馬ダイヤモンドペガサス
 020 100 00―3
 000 002 00―2
新潟アルビレックスBC
(八回規定により終了)

▽勝 庄司2試合1勝
▽S 田代3試合2S
▽敗 小野2試合1勝1敗

 ○…群馬は相手バッテリーの乱れに乗じて効率よく得点を重ねた。二回、暴投や四球押し出しで2点を先制。四回は四球と茨木の左前打で一、三塁の好機をつくり、1番鹿沼の左前打で加点した。

 先発庄司は五回まで無失点。六回に走者2人を出して降板し、継投の荻野が2点打を浴びて1点差に詰め寄られたが、宮下、吉村、田代が無失点で切り抜けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事