《BCリーグ》ペガサスあと一歩 8連敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは22日、長野・松本市四賀球場で信濃と対戦し、7-8(規定により七回時間切れ)で惜敗し、引き分けを挟んで8連敗となった。通算成績は9勝17敗5分けで、プレーオフの中地区チャンピオンシップ(CS)進出を争う同組の信濃と14ゲーム差。対信濃戦は11連敗(引き分けを挟む)で、今季対戦の半分に当たる20試合を終えて3勝15敗2分けと大きく負け越した。次戦は23日午後1時から伊勢崎市野球場で福島と対戦する。

 ○…群馬は終盤、1点差に詰め寄ったが届かなかった。七回先頭の速水の左前打から好機を広げ、瀬口、中道の長短打で3点返し、なお無死一塁と攻めたが、後続が打ち取られた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事