《BCリーグ》ペガサス完敗 信濃に1-6で12連敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―信濃 2回裏群馬1死、工藤陽が右前打を放つ=高崎城南

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは26日、高崎城南球場で信濃と対戦し、1-6で敗れた。通算成績は10勝18敗5分け。次戦は27日、新潟・新発田市五十公野公園野球場で新潟と対戦する。

群馬-信濃21回戦(26日・信濃16勝3敗2分け、17時1分、高崎城南、118人)

信濃グランセローズ
 031 100 01―6
 000 100 00―1
群馬ダイヤモンドペガサス

(八回規定により終了)
▽勝 宮野6試合3勝1敗
▽敗 中嶋12試合3勝4敗
▽本塁打 井野口4号(1)(群)


 ○…群馬は好機を生かせず流れをつかめなかった。初回2死一、二塁で瀬口が右前打を放つも、二走速水が本塁タッチアウト。二回は工藤陽、鹿沼の連打で得点圏に走者を送るも併殺に終わった。四回に井野口がソロを放ち、一矢報いた。

 先発中嶋は三回までに7安打2四球で4失点と、力を発揮できなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事