《BCリーグ》初先発の高橋直が好投も分ける 信濃に2-2 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初先発で5回2失点と試合をつくった群馬の高橋直=高崎城南

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは24日、高崎城南球場で信濃と対戦し、2-2(規定により八回時間切れ)で引き分けた。雨天中止となった12日の振り替え試合として行った。群馬の所属する中地区D組は信濃のプレーオフ進出が決まっている。次戦は26日午後1時から長野・中野市営野球場で、再び信濃と対戦する。

 群馬-信濃34回戦(24日・信濃21勝7敗6分け、17時、高崎城南、92人)

信濃グランセローズ
 020 000 00―2
 000 000 11―2
群馬ダイヤモンドペガサス

(八回規定により引き分け)

 ○…群馬は初先発した高橋直が5回2失点、3安打を浴びた二回を除けば粘り強い投球で試合をつくった。荻野、工藤優ら中継ぎ陣が無失点でつないだ。打線は七回に敵失絡みで1点、八回に高山の適時打で同点とし、引き分けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事