ペガサス再び頂点へ BCリーグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ中地区の公式戦があす10日、開幕する。群馬ダイヤモンドペガサスの初戦は同日午後1時から、高崎市城南球場で新潟アルビレックス・ベースボール・クラブと対戦する。昨年は新型コロナウイルス感染拡大で、開幕が6月に延期。異例のシーズンの中、リーグ制覇を逃した。「チーム内競争」を掲げ、3度目の日本一へ。再び天馬の輝きを取り戻す戦いが幕を開ける。

特集紙面はこちら

 昨季は移動距離の軽減から、優先的に近隣球団との対戦が組まれた。年間60試合のうち、中地区で同じグループの信濃と40試合対戦。10勝23敗7分の負け越しが響き、地区チャンピオンシップの出場すらかなわなかった。

 指揮官として2年目を迎える牧野塁監督は「満足できる結果を出せなかったが、強豪チームとの試合で得たものは大きい。経験を生かすシーズンになる」と力を込める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事