ペガサス逆転初勝利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは11日、長野・松本市野球場で信濃と対戦し、10―6で勝ち、今季初勝利を挙げた。通算成績は1勝1敗。次戦は17日、新潟・長岡市悠久山野球場で新潟と対戦する。

 群馬は序盤にリードを許すも、中盤に得点を重ね逆転勝ちした。3点を追う四回に工藤陽平主将(前橋育英高出身)と茨木智也の適時打で同点に。直後に勝ち越されるが、五回に井野口祐介(桐生商高出身)の2点本塁打で追い上げ、六回には鹿沼柊太(前橋商高出身)の適時二塁打などで3点挙げて逆転した。七回は中道大波の2点本塁打で突き放した。
(新井正人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事