《BCリーグ》ペガサス逆転
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬─信濃 8回裏群馬1死二、三塁、工藤が右中間に逆転の三塁打を放つ=高崎城南

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは28日、高崎城南球場で信濃に8-7で勝利した。打線が終盤に粘りを発揮し、工藤陽平主将(前橋育英高出身)の適時三塁打などで逆転した。

 ペガサスは引き分けを挟んで5連勝となり、通算成績は11勝5敗1分で中地区首位。次戦は29日、同球場で信濃と対戦する。

 群馬-信濃3回戦(28日・群馬3勝、16時2分、高崎城南、163人)

信濃グランセローズ
102003010-7
00001223×―8
群馬ダイヤモンドペガサス
▽勝 園田10試合2勝
▽S 森9試合1勝5S
▽敗 佐々木13試合3敗3S
▽本塁打 速水6号(2)(群)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事